HOME / 

トライアスリート山本良介 全力疾走 / 

第22回☆歴史ある大会 天草大会

投稿者:山本 良介

第22回☆歴史ある大会 天草大会

Pocket
LINEで送る

みなさん、こんにちは。
気付けば僕も今月で30歳になってしまいました。
ついに30代の扉を開いてしまいました。
まあ何が変わるという事はありませんが、そろそろエリートカテゴリーでは「ベテラン」と呼ばれそうな予感が。。。
まだまだベテランなんて呼ばせないように勢いを増して熱いレースをしていきたいと思っています。
トライアスロンは経験がものをいうスポーツですからこれからです!!

さて、5月24日に熊本県 天草市で開催されましたコンチネンタルカップ天草大会に出場しました。
この天草大会は歴史ある大会で今年で25回記念開催でした。
たくさんある国内大会でも25回開催している大会は宮古島大会、皆生大会とこの天草大会ぐらいではないでしょうか。
天草と言えば、天草四郎で有名ですが、トライアスロン大会の天草としても有名ですよ。
さて会場は本渡海水浴場をスタートし、本渡運動公園陸上競技場をゴールするワンウェイコース。
天草へは熊本空港から約100km。車で約2時間半で行けます。
また自転車等の大きな荷物が無ければ天草空港へフライトというアクセス方法もあり、これだと空港から約10分で会場へ行けます。
今回は熊本空港からレンタカーで移動したのですが途中からは海沿いの海岸線を走るのですが都会では味わえない素晴らしい景色が広がっていて心を癒しながらの移動となりました。

天草大会はエリートの国際大会としては珍しいバイクもランも1周回のみ。(一般のクラスも同じコースです。)
バイクは海岸線沿いを20km行って帰ってくる折り返しコース。
ちょこちょことくねってはいますが基本的には直線なので先が見渡せてひたすら漕ぎ続ける力比べコースです。
ランは2ヶ所の急なアップダウンポイントがある厳しいコース設定です。
スイム、バイク、ラン、3種目とも自然な中を疾走できる気持ち良いコースです。
スタート会場とフィニッシュ会場はたくさんの方が交流できるように設営されていますのでレース前、レース後ともにゆっくりと交流やイベントを楽しむ事ができますよ。

エリートクラスのスタート時間は8時。
普段の国際大会はだいたい14時~15時ぐらいがスタート時間ですので久しぶりの朝イチスタートに苦戦しました。
食事のタイミングを考えても起床は4時前。
逆算しても就寝時間は21時には寝たいところ。
9時に布団に入るものの、22時まで寝れず。
ようやく寝れたと思ったら23時に目がパチり。
寝ないと、寝ないと、とばかり考えていたら迷宮に迷い込み1時まで寝れずに結局3時間睡眠のみでした。。。
僕は通常、スイム練習を19時~21時に泳いでいるので就寝は24時ぐらい。
やはりいつもの生活リズムを急に変える事はできませんでした。
これもまたいい経験になりました。

レースの方はスイムを8人の先頭集団で終え、バイクの前半は攻めていきましたが集団がまとまらずに後方集団がどんどん追いついてきてランスタート時には約25人の大きな集団に。
今の強化種目はランなのでラン勝負はドンとこいで、ランスタート。
ランスタート直後から5人の先頭集団に。
終止、集団の先頭を引き続け勝負しましたが引き離す事ができずにスプリント勝負でラスト100mでかわされて3位でのフィニッシュになってしまいました。
勝負に負けた事は悔し過ぎますが、自分のペースで勝負し続ける事ができたのは今後のレースにつなげる事ができたと感じています。
まだまだ課題はたくさんありますが、取り組んできている練習方法の成果が出てきていますので今後はもっともっとやれる自信が付いてきています。

6月は国内、海外レースが3連戦。
体力、キレともにさらに磨きをかけていきます!!

天草大会は今回で3回目の出場でしたが、いずれも大会運営、沿道の声援、町の歓迎が素晴らしい大会でした。
今後も30回、50回、100回と続いてほしい大会です。

次の大会は今週末に京都の美山ロードレースに出場予定です。
ではまた次回お会いしましょう!

スタート前、緊張の一瞬。
スタート前、緊張の一瞬。

トランジッションエリア。ここで準備している時に一気に戦闘モードに切り替わります。
トランジッションエリア。ここで準備している時に一気に戦闘モードに切り替わります。

表彰式後のシャンパンファイトっ! 目にもウェアにもシャンパンが染み付きました。。。
表彰式後のシャンパンファイトっ! 目にもウェアにもシャンパンが染み付きました。。。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:山本 良介

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読