HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第93回★第13回ツアーオブジャパン開幕!

投稿者:DJ GALAPA

第93回★第13回ツアーオブジャパン開幕!

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

私は今、おそよ1週間の遠征中です。
日本で最大のステージレース、ツアーオブジャパンに帯同しているからです。
ステージレースとは、カンタンに言えば、何日間かにわたって、各地をロードレースで回るもの。
ツアーオブジャパンは、大阪の堺を皮切りに、奈良、美濃、南信州、富士山、伊豆、東京の7箇所で8日間にわたってロードレースを行います。
一日の走行距離は100キロを超えますので、7ステージで700キロ以上を走ります。
途中には富士山のヒルクライムもあり、平地のレースばかりではなく、さまざまなスキルが要求されます。
毎日過酷なレースを走り、移動し、そして翌日もレースを走る。
そんな8日間です。
私も、ステージにあわせて移動し、しゃべり、そして終わればまた移動、という8日間。
さすがに1週間を超える遠征ですので荷物も巨大。
それを連泊ではないので、毎日移動させるので、大変です。
国体のように連泊ならば、荷物をほりっぱなしにもできますが、朝、ホテルのロビーのツアーデスクに荷物を預け、レースでしゃべり、移動し、チェックインし、荷物を受け取り、夕飯のあとは会議があり、終わったらぐったりしながら(たまには、スタッフや審判のみなさんとさらに場所を変えて話し込み)、そして荷物をまとめる、の繰り返し。
もちろん走る選手が一番大変ですが、スタッフも体力の限界にトラーイ!という感じです(笑)
そんな中でも、一番私が大変だあ~と思うのは、各チームのメカニック。
毎日ボロボロに使い倒された選手の自転車をその日、移動した先のホテルでキレイに掃除し、整備し、明日のレースに備えるのですから毎日の作業は並大抵ではありません。(チームで参加するので、台数も半端じゃないのです。ちなみにツアーオブジャパンは、1チーム最大6名のチームになるので、代車も含めると10台を軽く超える自転車を毎日整備することになります)
今、このブログを書いている現時点では、まだ第1ステージを終わったところ。
しょっぱなからあいにくの雨の中のレースになりましたが、白熱した展開と、本当に大勢の観客のみなさんの声援で、雨なんか全く気になりませんでした。
参加する選手は、海外チームと日本チームあわせて16チーム。
UCI(国際自転車連合)のレースなので、各チームとも気合の入ったメンバー構成です。
これから、24日の東京ステージまで、まだまだ展開はどうなるかわかりません。
毎日の成績が、そのまま積算タイムに反映され、「総合時間」を争うステージレース。
数秒差でひしめく上位の思惑と、チームの総合力、体力がステージ後半になるごとにどんどんと浮き彫りになってきます。
大会公式サイトは http://www.toj.co.jp
へえ~そんなのあるんだ~って思った方は、是非是非、来週までのこのステージレースの勝負の行方をちょこっとチェックしてみてくださいね!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読