HOME / 

トライアスリート山本良介 全力疾走 / 

第20回☆MAVIC コスミックカーボンSLR

投稿者:山本 良介

第20回☆MAVIC コスミックカーボンSLR

Pocket
LINEで送る

みなさん、こんにちは。
ご無沙汰になってしまいました。
4月下旬から2009シーズンが開幕しまして2連戦してきました。
レースの詳細レポートはまた後日させていただきますね。
今回は開幕2レースで使用した今年の決戦アイテムをご紹介します。
以前もMAVICアイテムはシューズ等を紹介させていただきましたが、いよいよMAVICのメインアイテムのホイールのインプレです。

2009ロードホイールの目玉「コスミックカーボンSLR」。
僕が昨年まで使用していたホイールは「コスミックカーボンプロ」と「コスミックカーボンアルチメイト」です。
僕はパワー系でグイグイ乗るタイプですのでディープリムホイールを好んで使っています。
この2本とSLRの大きな違いは、リムがアルミニウム製だという点です。
ブレーキシューをカーボン製に交換しなくて良いという利点とやはりカーボン製よりもブレーキの効きが良いと感じます。
SLRはアルミリムだからといって重さも感じません。
以前までの製品よりも30g軽量されているからです。(ペア1595g,フロント725g,リア870g)
やはりホイールの外周部分が軽量されると踏み込んだ時に数字以上の軽さと滑らかさを感じる事ができます。
さてここからは実際にレースで使用してみたインプレです。
ご購入を検討されている方は微力ですが参考にしてみてください。

MAVIC Cosmic Carbone SLRを装着したFELT F1

WC石垣島大会とWCS韓国大会の2レースで使用しました。
2レースとも平地と上り下りのある周回コース設定です。
はじめに使用して一番感じた点はやはり軽さです。
以前までのコスミックと比べてもはっきりとわかる軽さの違いを感じる事ができました。
アルミリム、クリンチャーモデルでもここまで軽さが出せるのかと感じたのが第一印象です。
上りで集団のペースが低速になっても重さを感じずに最小限のパワー出力で滑らかに進んでくれました。
やはりこのホイールの一番の特性は平地を高速巡航した時に発揮されていると感じました。
高速域で走行している時も大きな出力で漕がなくてもホイールがスムーズに慣性で回ってくれているという感じです。
エアロ効果が抜群のホイールです。これは扁平カーボンスポークによるエアロ効果もプラスαされた事もあると思います。
レース前に雨が降り路面が濡れていたのですが、リムがアルミ製という事でブレーキコントロールも良かったです。
そしてエアロホイール特有の回っている時に風を切る音にも胸を躍らされました。
上りもスムーズにこなせるエアロ効果抜群のホイールだと感じました。

レースでの様子

という感じです。いかがですか??
やはり上りで踏み直さなくてもスムーズに進んでくれて余計な脚を使わなくて良かったのでランニングにも脚を残せたと分析しています。
平坦地で高速巡航している時は慣性で回ってくれているのでアルチメイトと比べてみても楽に進んでくれたのではないかなと思います。
クリンチャータイヤ仕様という点も魅力ですし、コストパフォーマンスも高いと思いますよ。

というわけで今年の僕の決戦ホイールをご紹介させてもらいました。

さて僕は今後もレースが続きますが、ホイールに負けない体作りを目指して頑張っていきます!
また次回お会いしましょう!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:山本 良介

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読