HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

最新2017年モデル FELT(フェルト) マルチロードバイク VRシリーズ

投稿者:mechanic

最新2017年モデル FELT(フェルト) マルチロードバイク VRシリーズ

Pocket
LINEで送る

vr3_tx_m

2017年のFELTが大幅なモデルチェンジを成し遂げました!
もっと速く!もっと快適に!もっと楽しく!!
今回はZシリーズの後継VRシリーズをご紹介!!

 

vr_a2

FELTZシリーズといえば、アップライトなポジションで乗りやすく、それでいてちゃんと前に進むロードバイクのシリーズです。

2017年より、FELTのZシリーズはVRシリーズと名を改めてモデルチェンジ!

vr1_fk_ma

FシリーズはFRシリーズになり、ZシリーズはVRシリーズに…一体何が変わったのでしょうか?

vr_a3

 

 

①ディスクブレーキのみラインナップ!

005

キャリパーブレーキのモデルがなくなりました。
VRシリーズは、エントリーモデルからハイエンドまで全部ディスクブレーキになりました。
ロードレースの現場でも、試験的にディスクブレーキが使用解禁されていた時期がありました。
ロードバイクにも、どんな道でも雨でも雪でも「絶対に止まれる」という安心感は嬉しいですね。

また、クイックリリースではなく12mmスルーアクスルを採用。剛性が飛躍的に上昇し、悪路でも安定して走行できます。
※VR50、VR60のみQR仕様

006

 

 

②ヘッドチューブが長くなり、チューブの接合を見直し快適性UP

新登場したFRシリーズ同様に、ヘッドチューブが長くなりさらにアップライトなポジションを選択可能に。
低いポジションよりも、高いポジションのほうが今の流行なんでしょうか?

また、FRシリーズ同様シートステーとトップチューブが直接つながるようなフレーム設計を行うことにより
垂直方向の柔軟性(快適性)は12%向上。どんな路面でもしっかりとグリップし、パワーを伝えます。

003
③タイヤは27Cに標準で対応!最大35mm幅まで

004

通常のロードバイクのタイヤが23c、ようやく25cが普及し始めてきたところです。
が、FELT VRシリーズは27cというタイヤを標準搭載。
しかも最大35mm幅のタイヤまで対応可能らしい…!?
舗装路はもちろん、荒れた道路や砂利道も走破できそうです。

 

 

④ストレージボックス&フェンダーに標準対応!

008

通常のロードバイクにはないネジが4つほどあります。トップチューブとシートステーに設けられた
ネジを使えば、食べ物などを入れられるストレージボックスや、泥除けを搭載可能。
どこまででも走れる自転車が作り出せそうです。

 

vr_a1
従来のZシリーズは、ジオメトリーはロングライド仕様ながら中身はしっかりとしたキビキビ走るバイクでした。
しかし、今回登場したVRシリーズはより一層Fシリーズ、FRシリーズとの差別化を図る工夫が盛りだくさんです。
VRシリーズも基本はオンロード、きれいな舗装路を走ることをメインとしているようですが、
かな~り懐の深い仕様で登場しています。なんでもできる仕様なので、VRシリーズが1台あれば他に自転車はいらないかも?

いろんな遊び方ができそうなVRシリーズは、2016年10月中旬より発売予定。
自転車のきゅうべえオンラインショップにて、先行予約受付中!! →→→→ FELT VRシリーズ

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:mechanic

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読