HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第6回★家族で楽しむ自転車テーマパーク

投稿者:DJ GALAPA

第6回★家族で楽しむ自転車テーマパーク

Pocket
LINEで送る

こんにちは!DJがらぱです!

急に秋の足音が聞こえてきましたね。昨日までじりじり暑かったのに今日は涼しい、なんてもうその変わり身の早さについていけません(苦笑)。今週末、私はツールド北海道に併催されている市民レースのお仕事で北海道に行くのですが、何と、札幌ではもう雪がちらついたとか!しょえーって感じです。

とはいえ、外で遊ぶには一番いい季節になってきたということですし、せっかくの行楽日和は家族で楽しく過ごしたいですよね。ツーリングなんかもいいですが、たまには遊園地感覚で自転車テーマパークで過ごすというのはどうでしょう?

自転車のテーマパーク?とお思いの方もいらっしゃるかも?これが、関西在住の方にはもってこいの場所が河内長野にあるのです。その名も「関西サイクルスポーツセンター」。

こないだの土日、この関西サイクルスポーツセンターにあるバンク(競技場)を利用して全日本実業団対抗自転車競技大会のトラック競技が行われたのですが、ここはそんな競技場だけでなく、家族連れで一日自転車に関連する施設で遊べる楽しいものがいっぱいあるのです。

実際、レースのあった土日、たっくさんの家族連れの方がいらっしゃってました。バンク内には「変り種自転車」の広場が設置されているのですが、そこにもたくさんの方が。イルカの形をした自転車や何人もで乗れる自転車など、楽しい自転車に乗りながら、目の前をすごいスピードで通り過ぎる一流選手の走りが見られた方たちはとても喜んでいらっしゃいました(^-^)

日曜日には「パナソニックキッズスクール」も行われていて、結構いろいろイベントもあるようです。バーベキューが出来たり、水陸両用自転車があったり、コースターがあったり。それも全部「自転車」にどこかでつながっているんですよね。小さいお子さんからカップルまで、結構一日楽しく過ごせますよ。

そしてこの関西サイクルスポーツセンターのバンク(競技場)はつい先日改修されたばかりでぴっかぴか。来週の土曜日は大阪府自転車競技連盟の記録会が行われたり、プロ選手が練習していたり、高校生が練習していたりと普段バリバリの競技用の自転車でバンクを走る姿をなかなか見られない中、そんな姿も見られるのでそれも楽しいですよ。

このバンクを走る自転車は通称「トラックレーサー」といわれるもので(今は「ピスト」といったほうがなじみがあるかな)、固定ギアでブレーキがついていません。最近では街中でこの「ピスト」に乗っている人もちらほらいらっしゃいますが、これはあくまでも競技用の自転車。競輪やトラック競技で使うのに最適なように作られているのです。最高で時速60キロを超えるくらいのスピードで走る短距離を中心とした競技の力強さは一度見るとその迫力に引き込まれること請け合いです。

ちょっと興味あるなあ、という方はまずはHPをチェックしてみてくださいね→http://www.kcsc.or.jp

最後にちょっとレースの話。今、タイで行われているアジア選手権。男子ジュニアロード、男子エリートロードそれぞれで日本人が優勝しました!ジュニアでは奈良の高校生、吉田隼人選手。エリートではニッポメイタンの宮澤崇史選手です。来年の北京へ向けての日本人選手の活躍が最近たくさん伝わってきて嬉しいです!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読