HOME / 

自転車メンテナンス / 

<自転車メンテナンス> 乗車前の点検

投稿者:mechanic

<自転車メンテナンス> 乗車前の点検

Pocket
LINEで送る

気分よく走り出しても、いやな振動や音が出れば楽しさ半減、ブレーキが利かなくなったら大事故に発展します。
これらの多くは、乗車前にできる簡単なチェックで防止できます。

  • タイヤ
    1. 空気は十分入っているか
    2. 空気圧が低すぎるとパンクしやすくなり、こぎも重くなります。一方あまりに高圧にするとタイヤやリムを傷めます。タイヤの空気圧はタイヤの側面に記載されています。

      空気圧
      ロードバイクは空気圧によって走りが変わるので、シビアな空気圧コントロールが必要になります。このようなゲージで毎回チェックするか、このようなゲージ付きポンプを使って空気を入れて下さい。
      空気圧を計れない場合は、「親指でトレッド面を押してへこまない程度」が目安になります。

    3. タイヤは摩耗していないか
    4. ロードバイク用のタイヤは走行性能重視で耐久性に劣るものがありますので、出発前にタイヤのトレッド面、サイド面をチェックして下さい。
      白い糸状のものが見えていたり、トレッド面のパターンが消えていたら交換時期です。
      パニックブレーキなどでタイヤをロックさせると早く摩耗するので注意して下さい。
      また、タイヤのサイドは、紫外線や小石などで傷みやすく、傷つくとパンクの原因になるので、タイヤのサイドもよく見て下さい。

  • ホイール
    • ホイールは振れていないか
    • 前後のホイールを浮かせ、手で回します。もしホイールがうねって、ブレーキが交互にあたるようならば、ホイールが適切に調整されていません。ショップでの調整、交換が必要な場合があります。

  • ブレーキ
    1. 前後のブレーキは効くか
    2. 前後のブレーキレバーを交互に握って車体を前後に動かし、ブレーキがしっかり利くか確認して下さい。
      効くことを確認したら、前ブレーキをかけて車体を前後にゆすり、ヘッドにガタがないか確認して下さい。ガタがあると下りで自転車をうまくコントロールできなくなります。

    3. ブレーキは片効きしていないか/位置は適切か
    4. ブレーキシューとリムの隙間が左右均等になっていることを確認して下さい。また、ブレーキを握ったとききちんとリムに当たっていることを確認して下さい。上が正解です。

      正常 正しい状態
      異常これも異常
      ブレーキシューが上過ぎる位置にあると、タイヤサイドを傷めます。

  • ワイヤー
    • インナーワイヤーのほつれ、アウターの痛み
    • ブレーキや変速機を動かすワイヤーは、インナーワイヤーとアウターワイヤーで構成されています。

      アウターとインナー痛んだシフトアウター
      インナーワイヤーがほつれていれば千切れる可能性が増し、アウターワイヤーが痛めばワイヤーが機能しなくなります。
      特にインナーワイヤーは固定部、アウターワイヤーはフレームとこすれる部分が痛みやすいので良く確認して下さい。
      もし異常が見つかったら、ブレーキならこちらを、シフトワイヤーならこちらを参照して下さい。

  • 自転車全体
    • 地面に落として異音がしないか
    • 10cm位の高さから自転車を落とし、変な音がしないかチェックします。

      soundchk.jpg

    次回、定期的に行ってほしいチェック箇所を挙げます。

    Pocket
    LINEで送る

    投稿者情報:mechanic

    はんなりと自転車 From 京都 を購読する

    Twitterでフォローする

    RSSで購読