HOME / 

自転車メンテナンス / 

<自転車メンテナンス>Campagnolo(カンパニョーロ)11sチェーンの取付

投稿者:matsumoto

<自転車メンテナンス>Campagnolo(カンパニョーロ)11sチェーンの取付

Pocket
LINEで送る

カンパニョーロの11sチェーンの接続・切断作業は専用工具UT-CN300を使用してください。
同10s用チェーン工具のUT-CN200やその他のチェーン工具に関しては確実な取付作業が出来ませんのでご注意下さい。

【チェーンの長さの設定】
カンパニョーロの場合はシマノとは指定のチェーン長が異なります。
campa_11s_011.jpg
ディレーラーをインナートップに変速した状態でチェーンを掛け、チェーンにテンションがかかる上図の「H」の寸法が8~15mmとなるように設定します。
チェーンを切断する場合には、プラスティックバンド・WARNINGラベルがついたリンクと反対側の余分なリンクを切断します。
(シマノでは接続部のリンクに前後指定がありますが、カンパニョーロでは前後指定は有りません。)
campa_11s_02.jpg
切断方法は一般的なスポーツバイク用チェーンと同様ですが、工具UT-CN300のレバー(上図X)が外側の位置にあることを確認し、専用部品(上図Z)でリンクを固定し作業いたします。

【コネクトピンの挿入】
プラスティックバンド・WARNINGラベルを取り除き、内側からコネクトピンを挿入します。
campa_11s_03.jpg
工具UT-CN300のレバー(下図Y)が外側の位置にあることを確認し、
campa_11s_04.jpg
接続するリンクを工具にセットし、リンクを専用の部品(上図Z)で固定します。

押し込んでいく部分の先端にあるテーパー型のチップ・ピンがコネクトピンの中心(下図EとF)に合っていることを確認し、
campa_11s_05.jpg
一定の力で工具のハンドルを回し、コネクトピンをチェーンの中に完全に挿入します。
チェーンの内側に0.1mmだけ、コネクトピンの頭部分が残るのが適正な位置です。
campa_11s_06.jpg
工具についている穴に、コネクトピンの飛び出したガイド(先端側)を差し込み、折ります。
(注)折ったガイドの付け根部分はコネクトピンの中に残ったままの状態です。

【コネクトピンの固定】
工具UT-CN300のレバーをクローズモードにし、
campa_11s_07.jpg
接続するリンクを工具にセットして専用の部品(下図Z)で固定します。
campa_11s_08.jpg
押し込んでいく部分の先端にあるテーパー型のチップピンがコネクトピンの中心(下図F)にあっていることを確認し、
campa_11s_091.jpg
工具のハンドルを回し、コネクトピンの飛び出した端の部分に工具のチップピンを当てます。
その後、端の部分が変形するまで、適度な力で押し込みます。
リンクからピンが僅かに飛び出している上体が正しい状態で、通常のチェーンの動きを妨げることはありません。
(この飛び出た上体を解消しようとしないで下さい)
チェーンを接続した部分が円滑に動き、自由に曲がらないリンクが無いことを確認します。
campa_11s_10.jpg
接続部が硬い場合は、リンクを横方向にやさしく曲げ(抉って)、接続部分をなじませます。

 

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:matsumoto

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読