HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

ツールドランカウィに来ています

投稿者:DJ GALAPA

ツールドランカウィに来ています

Pocket
LINEで送る

62c24f8b09928009270edaf37afcd7f5-169x300

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

日本はまだまだ冬真っ只中ですよね。
おまけに花粉も飛び始めているようで・・・(><)
みなさんお元気ですか?

そんな中、私は今、気温30度を超えるマレーシアに来ています(^^)

今滞在しているのはアロースターというところ。
現在マレーシア滞在3日めですが、こちらの感じに慣れてきました♪
まだこれから会議が始まるところ。明日、チームプレゼンテーションがあって、レースはまだまだこれから動き出します。
3月2日まで8つのステージ。トータル距離1180km余りの日本とは規模の違う大きなステージレースです。

アロースター

今回私はコミッセール、いわゆる審判の研修でこのレースに参加しています。
国内のレースでは様々なレースに関わらせていただいてきましたが、海外は初めて。
ポジションもいろいろさせていただけるとのことですが、私の仕事に関わるところも見せていただけることになっていて、とても楽しみにしています。

本当はレースが終わってからいろいろお伝えしたいところですが、これから3月2日まではほとんど時間の余裕のない状態になると思われるので、始まる前に(^^)

このレースでは、様々なスペシャルチームといえるスペシャリストたちがさくさくと今も仕事をしながらレースを準備しています。
ひとところにみなが集結して、会議をして、それから動き出すというよりは、アテンドをするチーム、ルートを整えるチーム、セクレタリのチームなど、各チームはそれぞれの動きをしながら、各チームのボスが連携をとって組み立てていくという感じです。

チームによっては「本当に夜寝てるのかな???」と思うほどいつでもいらっしゃる方がたや、夜遅くまであれこれ動かれている様子を見ていると凄いな大変だな〜と思いますが、印象的なのはみなさんとっても楽しそう!
こちらもまだまだ勝手がわからなくて不安になるはずのところですが、それよりも笑顔になってしまうような感じです。

これは日本とは違う感じかな。と本当に印象的です。

難しい顔をされている方が一人もいない!(笑)

素敵だな〜と思います。

日本がどうこう、ということではなく、こうやってみなが創りあげていく中で笑顔で仕事することっていうのはどんな場合にも大事だなぁと感じた、ということなんですよね。

これって、いわゆるサイクリングチームの運営でも言えることかなって思ったりします。
お世話をしてくださる方が大変すぎて眉間にしわがよってしまうような状況ではなく、なんだかわいわい、みんながそれぞれ周りと連携をとりながら楽しくやっていくのって一番大事だと思いませんか・・・?

何よりも、笑顔笑顔!これ本当に大事です。

これからどんなレースが待ち構えているのか、明日からどうなるのかはまだ全然わかりませんが(^^;)
そんなことを考えながら、いろいろと準備をしているのがこれまた楽しい。
自転車というものを通して集まった仲間たちという感覚は、日本でも世界でも同じ。
最近は海外から日本へ来られる方も増えてきていますし、ショップやサイクリングチームに海外の方がコンタクトされるケースも増えていますよね。

ぜひぜひそんな時は一緒にわいわいやって日本をサイクリングで案内したりしてあげて欲しいなぁと思います。

そんな笑顔あふれるサイクリングチームや仲間たちが日本でももっともっとどんどん増えてくれるといいなぁ♪
そんなことをなんだか強く感じているマレーシアでの日々なのでした(^^)

<ここでお知らせ>
本当に長きに渡ってご愛読いただいたがらぱのコーナーですが、一応来月を持って一区切りさせていただくことになりました。
本当に何年?やらせてもらったのかな・・・?と指折り数えてびっくりしたのですが(^^;)
もともとはQBEIでスタッフさせていただいていたご縁からこのような形で発信させていただく機会をいただき、感謝感謝です。
一区切りといってもまたぜひこのブログにも顔を出させてもらいたいなぁと思っていますので♪
その節はよろしくお願いしますね(^^)
では来月が一応区切り回となりますが、あと1回、よろしくお願いいたします!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読