HOME / 

商品紹介 / 

冬の着こなし術

投稿者:h_yamada

冬の着こなし術

Pocket
LINEで送る

キャプチャ

朝晩冷え込むようになってきましたが、冬に備えての防寒の準備は万全でしょうか。今年は暖冬といわれていますが、
それでも風をきって走る自転車乗りにとってはつらく厳しい季節になることに変わりはないでしょう。

各メーカーからはそんな厳しい寒さを乗り切るための様々な高性能な防寒ウェアでています。
ただそういったウェアがない場合でも、いくつかの着こなしのポイントを抑えるだけでも、ある程度は寒さを抑え快適に走ることができるようになります。

または、高性能ウェアと組み合わせることでさらに快適に走ることができるようになります。
ポイントはこの4つ!!

✔1、風の侵入を防ぐ
✔2、末端を温める
✔3、吸汗速乾
✔4、重ね着

【1、風の侵入を防ぐ】
なんといっても冷たい外気の侵入を防ぐことが、体を寒さから守る一番の方法です。
袖口や襟元から風が入ってくるのを防ぎましょう。
おすすめは耳の保護と風の侵入を防ぐことができるフルフェイスのマスクです。

pc-gwin-gwb4956_1

下りではより風を受けるため、また体を動かさないためさらに体が冷えてしまいます。下り始める前にウィンドブレーカーや、レインウェアなど風を通しにくいものを羽織るといいでしょう。

<ウィンドブレーカー>

pi-516350_1
ウィンドブレーカー

【2、末端を温める】
手足の先には毛細血管が多く集まっています。
この毛細血管が寒さにさらされ血液が冷やされてしまうと、冷たい血液が体中を巡り体が冷えてしまいます。
逆にここを温めることで、温かい血液が巡り体中を温めることができます。
足はシューズカバーやトゥカバーで、手はグローブでしっかり防寒しましょう。
靴用のホッカイロも使うのもありです♪

<グローブ>

pc-per-7215_1
グローブ

<シューズカバー>

pc-per-7000_1
シューズカバー

もう1ポイント!!/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
体を厳しい寒さから守る隠れたアイテムは
「腹巻き」
お洒落に言うとボディーウォーマー・ウエストウォーマー。

この腹巻きをすることで腎臓を温めることができます。
手足の末端の他にも、毛細血管の集まる場所があります。
それが腎臓。腎臓は毛細血管の塊と言ってもいいほど、毛細血管が張り巡らされています。
つまり【2、末端を温める】と同じ理由で、腎臓を温めることで体中を温めることができます。

<ウエストウォーマー>

pc-per-481_1
ウエストウォーマー
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【3、吸汗速乾】
汗は体温を下げる原因となります。
そのため、かいた汗は吸収して蒸発させることが大事です。
自転車用のインナーは吸汗性に優れ、汗の蒸発を促進させる性能を備えたものが各メーカーから発売されています。
また、最近のアウタージャケットは外気は通さないが、蒸発した汗は外に放出する、透湿性に優れたものが発売されています。
pc-bieme-herowj_1

【4、重ね着】
大事なのは空気の層を作ることです。
空気の層は体温をその中に閉じ込める、つまり保温材の働きをしてくれます。
ダウンジャケットが温かいのと同じ理屈です。
でも何が何でもたくさん着込めばいいということでもありません。
重ね着しすぎると体がモコモコになり体が動かしにくくなってしまいます。

例えば、
①夏用の薄手のインナー
http://www.qbei.jp/item/pc-craft-mesuper5/
②冬用のインナー
http://www.qbei.jp/item/pi-516379/
③冬用ジャケット
http://www.qbei.jp/item/pc-per-3500-bl/

自転車の着こなしは気温の他にも、どこを走るのか、どの程度の強度で走るのかによっても変わってきます。
自分の走りのスタイルに合った着こなしを見つけてみてください。
よろしければ下記サイトもご参考にしてみてください。
「Bicycle メンテナンス」
http://www.qbei.jp/info/bicycle-maintenance/1801

寒いと体が動かず思わぬ怪我をしてしまうこともあります。
寒さ対策をしっかりしつつ、無理をせず冬の間も自転車を楽しみましょう!!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:h_yamada

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読