HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 第80回★ビッグニュース!

投稿者:DJ GALAPA

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 第80回★ビッグニュース!

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

つい先日はバレンタインデーでしたね。
こんなものは商業戦略だという意見もありますが、大切な人のことを想いながら選んだり作ったり、そういうことはとても素敵だと想う私です。
さて、日曜日は私は毎年お手伝いさせていただいている河内長野シティマラソンに行っておりました。
今年は2000名ほどのエントリーがあり、一番長い距離はハーフ、そして10キロ、5キロ、ジョギングとそれぞれのクラスでみなさん初夏のような一日を楽しんでいらっしゃいました。
最近ではマラソンのお手伝いはこの河内長野マラソンだけですが、ランナー同士でご結婚されて赤ちゃんを見せに来てくださったり、1年1度とはいえ、とてもあたたかい交流をさせていただいています。
さて。

この河内長野マラソンの行われている最中、ビッグニュースが飛び込んできました!

デンマークで行われているトラックワールドカップ、スクラッチで日本人選手優勝!!!の情報です。
スクラッチというのは、トラック競技の中では非常にシンプルで距離の長い(15キロ)競技で、スタート後はポイントなどもなく、ただただゴールの着順を競うというもの。
いわゆるトラック競技のロードレース、といつもご紹介する競技です。

そのスクラッチで愛三工業レーシングの盛選手が優勝した!という情報でした。
ワールドカップでの優勝、つまり世界の精鋭たちが集まるなかで日本人選手が一番になったということ。
盛選手はトラックだけでなく、ロードでもその走りで大活躍している選手。
インタビューしてもとても積極的に答えてくださり、その内容はいつもアグレッシブな、そんな印象とともに、「毎日の生活で気をつけること、なんてあんまり考えません!」なんて豪放磊落な一面を見せてくれたり、その一方で非常に繊細で勝負に対して貪欲な、そんな姿を垣間見たり。

これからの日本のトラック、ロードシーンを引っ張る選手であることは間違いありません。

もう一人、若手として国体ではポイントレースで連覇を成し遂げたり、世界のトラックレースで戦ってきた角選手は今年競輪学校へ入学が決定し、今までのようにロードレースに出場することはおそらくなくなってしまうだろうと想いますが、盛選手は愛三のチームとしてロード、トラックをどちらも今年も積極的にこなしていくのだろうと想います。

ヨーロッパチームへの移籍で新城、宮澤の両選手が多く話題になっていた昨今ですが、愛三工業のナイスガイ、盛選手の活躍にも注目!ですね。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読