HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第79回★関西シクロクロスシーズン終了

投稿者:DJ GALAPA

第79回★関西シクロクロスシーズン終了

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

週があけてしまってごめんなさい。
昨日、すっかりぶっ倒れてしまいました。

というのも。。。
昨日(これを書いているのは2月9日なので、8日のことです)、いよいよ関西シクロクロスの08-09シーズンがすべて終了しました!
合計で10戦。
昨年の初冬から続いた楽しい楽しいシクロクロスシーズンも終わりです。
本当に、参加したみなさんとしみじみ、昨日は「やー。終わりかー。寂しいなあー」と話をし合いました。
最終戦も300名を超えるエントリーがあり、みんなで本当に一日を楽しみました。

なぜかわかりませんが、本当にシクロクロスはココロからみんな楽しめる、そんな感じです。
もちろん、ロードレースも、MTBのレースも、サイクリングも、楽しいし、カッコいいし、熱い。
でも、なんだかその中でも飛びぬけてココロから楽しいと感じられるのが私にとってはシクロクロスだなあと毎年シーズンを重ねるたびに思います。

そんな思いを持っているのは私だけではなく。
普段はロードプロとして素晴らしい活躍をしている選手のみなさんも、関西クロスにたくさん参加し、そして楽しんでくださいました。

昨日は、マトリックスパワータグの辻善光、日置大介選手も参戦。

そして、先週世界選手権を戦ったTREKの竹之内悠選手もオランダから帰国すぐにもかかわらず参戦し、ぶっちぎりの優勝でその勢いと素晴らしい走りを見せ付けてくれました。
竹之内くんはまだ二十歳。
世界の舞台で戦ったことが一つ一つ彼の血となり肉となっていることが走りを見ているとわかります。

さらに昨日は、三船雅彦選手、の、選手として正真正銘最後のレースとなり、たくさんの応援の方もいらっしゃっていました。
昨年ロードシーズンの初めに08年をもって選手を引退すると宣言し、ロードレースはすでにもう引退している三船選手ですが、この08-09シーズンのシクロクロスをもってすべての選手活動を終了、となりました。
関西クロスのオルガナイザー、京都車連の矢野さんと最後に表彰台で記念撮影をしていた三船選手。
関西クロスでは95年のシーズンから参戦して、合計36勝をあげたまさに関西クロスのシンボルのような存在。
これからも自転車に関わっていく、ということですから、新たな三船さんの展開が楽しみです。
そんなこんなで今回も盛りだくさん、そして大盛り上がりのうちに終了した関西シクロクロス。
もうすでに今年の冬の(つまり来シーズンの)話まで出たりして、どんだけビョーキやねん!という感じですが(笑)
こんなふうにみんなが盛り上がれる、参加者と作る側が一体となって楽しめる、というのがすべての(レースだけではなく、普段の生活でも、仕事でも)基本ではないか、とあらためて思います。
今年、これから始まるロード、MTBシーズンでも、そんな盛り上がりが作れたらいいなあと思いを新たにするがらぱです。

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読