HOME / 

QBEIスタッフ日記 / 

レースレポート (乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム 2015)

投稿者:h_yamada

レースレポート (乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム 2015)

Pocket
LINEで送る

スタッフ山田です。

7/12に乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム 2015に初参加してきました!

受付は前日なので、前日入りして無事受付完了。

 

IMG_2351IMG_2389

 

最終調整を兼ねて雑木林の中を軽くヒルクライム。あれ…なんだか息苦しいな…

調子は絶好調なはずなのに何かがおかしい。

 

IMG_2368IMG_2347

 

前日までは、

標高差1,342m…うん1300アップなら大台ケ原と同じくらいか。

距離約18.4km…伊吹山より少し長いくらいか。

平均斜度約7.2%…まあ少しきついけど大丈夫かな。

と気楽に考えていました。

前日にこのお気楽思考に重大な見落としがあったことに気が付きました。

スタート地点の標高1360m、ゴール地点2700m。

スタートの時点で既に標高が伊吹山と同じ?ん!?ゴール地点2700m??

標高2700mなんてところ行ったことない。酸素は大丈夫なのか・・・

 

そして、完走すらできないのではないかとテンションだだ下がりのままいよいよ当日。

(といって夜は、温泉入って美味しいもの食べてしっかり満喫♪)

ただ日頃頑張っていると神様は微笑んでくれるんですね~。神様って言ってますけど、本当に神様です!

招待選手で参加されていた、あの乗鞍3連覇の偉業を成し遂げた山の神こと、森本誠選手とツーショット写真を撮っていただきました!

BS番組のチャリダーにいつも森本選手が出ているわけではないのに、レース前と森本選手を前にした極度の緊張から、「いつもチャリダー見ています!」とか訳の分からないことを口走る始末。

そんな私に森本選手は優しく微笑んで2回も握手をしてくれました。ありがとうございました!!

IMG_2370

 

そして山の神のおかげで、なんかいけそ~と根拠の無い自身を取り戻しいざスタート!

乗鞍スカイラインの18.4kmのコースレイアウトはざっくりこんな感じ。

7.3km斜度9%~4.5km斜度7%~2km斜度10%~4.5km斜度5.5%

 

夫婦松までの7.3kmは斜度が9%あるのでひたすら抑えて我慢。

そこから4.5kmは斜度が7%で少し斜度が下がりますが、次に斜度10%が待っているので抑え気味で少しペースアップ。

 

IMG_2373

IMG_2385IMG_2386

 

2km斜度10%なのでここが一番しんどかったです。この辺りから風が強くなってきました。ペースを少し落としてでも、風よけのために人の後ろに付いて足をためつつ登って行きました。

そしてゴールに向けて残り4.5kmは斜度が5.5%になるのでみんな猛ダッシュ!私もためていた足を開放(ほとんどたまってなかったけど)

そして無事ゴール!!

結果は1時間23分、アベレージ13.21km/h、98人中27位!相変わらずなボチボチな結果…。

 

IMG_2375

 

ただ今までにはない感動とヒルクライムでは初めての達成感というものを感じました。

標高の高いせいか今までとは違う苦しさの中、それでも走りきれたこと、そして頂上に広がる今まで見たことのない景色によるものだと思います。

自転車で登った標高2700mの世界は最高でした!また一つヒルクライムにはまってしまいました♪

 

IMG_2387IMG_2376

 

ちなみにいつもはヒルクライムで感じるのは達成感ではなく、苦しさからの解放された時に感じる快感 という変態じみたもの。

 

IMG_2384   IMG_2388

IMG_2383 IMG_2372

 

 

そしてちゃんと仕事っぽいこともしてきました!

 

IMG_2324

ミヤタとメリダの展示ブース。

そこにはクロモリフレームながら、完成車で100万円以上するElevation EXRとTHE MIYATA。

Elevation EXRに試乗させてもらいました。カーボン、アルミそしてクロモリフレームのどれとも違った乗り心地でした。

振動はクロモリフレーム特有のモタッとした感じで優しい乗り心地でした。ただこぎ出しの軽さはクロモリ含めどの素材とも違いました。

クロモリで完成車重量約6.5kg。クロモリでこの軽さ!未体験な乗り心地は当たり前ですかね!?

 

 

 

IMG_2329 IMG_2328 IMG_2327 IMG_2326 IMG_2325

 

 

Elevation EXRとTHE MIYATAよりはお手頃なモデルもあります!

<MIYATA ミヤタ ELEVATION MC>

 

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:h_yamada

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読