HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第73回★みんなで自転車を楽しむ新年に。

投稿者:DJ GALAPA

第73回★みんなで自転車を楽しむ新年に。

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

世間は(自転車業界の、ですが)ほぼオフシーズン。
ということで、この時期、自転車に関係のある方たちの結婚ラッシュだったりします。

事実上結婚している、という感じになっていても、式はこの時期に、という選手もいるみたい。

普段は会社勤めをされている方でも、レースで週末忙しくって・・・なんて方もいるみたいで(出席される方もそう、ということもあるのかな)、本当に11月12月のご結婚が多いです。

みなさんお幸せに~。
私は仕事として結婚式の司会は積極的に請け負っていないのですが、自転車関係でのお知り合いという縁で結婚式やパーティーの司会をさせていただいたことは何回かあります。

そのどの式やパーティーでも、絶対に、自転車ネタが随所に盛り込まれ、本当に自転車が自身生活のひとつの「軸」になっているんだなあーって感じることが多いです。
たとえば・・・入場のときの音楽が、うちがレースのお仕事をするときに必ずスタート前にかけるウェイトの音楽だったり、お色直しがジャージだったり、夫婦でロードに乗って入場したり・・・(^^)
出席される方ももちろん自転車のお仲間が多いのですが、お仕事関係とかであまり自転車と縁のない方は間違いなくおメメがまん丸になっています(笑)
でも、そんなふうに、自転車、という軸を、結婚式、披露宴、あるいはパーティーにメインとして盛り込みたくなる、というのが端的に自転車の尽きない魅力を示しているようにも思えます。
もし、旦那さま、彼氏、奥さま、彼女、どなたか「だけ」が今、自転車大好き!で、それにのめりこめばのめりこむほど、ちょっと気まず~い感じになっている人が近くにいたら、「巻き込んじゃえ!」って是非言ってあげてください(^^)
別にレースに出なくても、応援しに、でいいのです。

ただ、そのときに、レースに出ている人だったら当たり前に思う「ちょっと不便」なこと(たとえばお手洗いが遠い、だとか簡易トイレでちょっと・・・だとか、かなり暑い、寒い、など)には、いつもより気を使ってあげるのが大切。

ツーリングに、というのだったら、ペースを作ってあげる、とか。
あ、でも、後ろからついていく、というのは逆にプレッシャーになるときもあるので、できればゆったりとしたペースで先導してあげて、補給などもイニシアチブをとってあげるとベターだと思います。
すごい!とか、何か楽しい!とか、自分で走ったときはその達成感、とか、おいしいものを食べた!とか、「なんか自転車って、楽しい時間を作ってくれたり、案内してくれたりするじゃん」と思ってもらえるように演出してあげてください。
本当は、自転車ってレースでもツーリングでも、家族で、カップルで、夫婦で、楽しめるもの。
それを肩身せまーく、こそこそっとお父さんだけ楽しんでる、なんて、ずるい!(笑)
もうすぐ新年。
ぜひ、来年は、「みんなで自転車」楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読