HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

シクロクロスシーズンもホントに終盤です。

投稿者:DJ GALAPA

シクロクロスシーズンもホントに終盤です。

Pocket
LINEで送る

こんにちは!DJがらぱです

 

シクロクロスシーズンもいよいよ後半。
今、ソワソワソワソワしています。

 

そう。世界選手権です。

 

本当はすべて見届けてからつぶやきたかったのですが、1月も終わってしまうということで(^^;)
世界選は2月1日も続きますが、ソワソワしながらこうしてパソコンに向かっています。

 

結果とかいろいろはいろんなところでつぶやかれていますが。

 

本当に。最近の技術革新は凄いですね。
感動です。

 

ほんの数年前、はるか海の向こうで行われる世界選手権の我らが代表を少しでも応援したくて、その様子が知りたくて、代表チームのみなさんに無理をお願いして、現地から電話で(電話でですよ!)レポしてもらっていた頃がもう一昔って感じです。

 

それも最初は電話いただいて、それを録音して、それを関西クロスのオフィシャルブログにのっけて、っていう作業をしていてリアルタイムではなく。
でも、少しでもリアルタイムに近づけたくて、電話が来ると怒涛の作業をして、アップするまでにほんの数分、という荒業をしてたなーとか。

 

それから音声ストリーミング配信というのに手を出して、電話があったら即座に配信開始、そして生の電話音声をそのまま流すという手段に挑戦し、現地のがやがやとした音声、アナウンス、そして電話レポと、受け取る側の日本で待機している私も緊張と興奮の時間を過ごしたなーとか。

 

それから、急速に映像配信が充実し、さらに関西シクロクロスの最終戦がちょうど世界選手権の日程に重なるということになり、それぞれに映像がリアルタイムで見られる環境になったこと、そしてツイッターなどでもきめ細かく情報が出ていること、などなど、でよい意味でのフェイドアウトで私もここ数年はイチファンとして世界選手権をわいわい言いながら見ています。

 

我らが代表、という思いがことさらシクロクロスは強く感じられるせいか、世界選手権への挑戦、というのが本当に身近に感じられるのもシクロクロスの素敵なところ。

 

関西シクロクロスではもうおなじみの応援グッズなピンズや、DVD、ブースからの協力など、わかりやすい形で売上の中から代表選手団へチャリティが行われているのも「我らが代表頑張れ!」という気持ちが具体的だからこそ。

 

その今年の代表選手たちが、1月31日、2月1日と世界選手権で戦っています。
ジュニア、U23、女子、男子エリート、とそれぞれに代表が選考されて世界選の舞台へ。

 

関西クロスメンバーズは、2月1日の桂川での最終戦を楽しみながら、その様子を固唾を呑んで見守るわけです。

 

1月は希望ヶ丘に始まり、堺とつづいて、そして最終戦桂川へ。

 

あっという間のシクロクロスシーズンでしたが、今シーズンも一戦一戦がとても盛りだくさんの楽しく熱いレースばかりでした。

 

最終戦ではシリーズランキング上位の表彰もあります。

 

多分、いや、間違いなく、きゅうべえsportsのあの選手もその中に入りますよ〜♪
ここでもご報告しますね(^^)

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読