HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

第69回★自転車でうまいものめぐりはいかがでしょう

投稿者:DJ GALAPA

第69回★自転車でうまいものめぐりはいかがでしょう

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは!DJがらぱです。

今、さぬきうどんで有名な、香川県に来ています。
善通寺市で行われる、シクロクロス、通称「さぬきクロス」に来ているのです。

レースは日曜日なのですが、前日の今日、土曜日、現地入りして、まずは会場に入る前にうどんを1杯(^^)

うまかった~。

レースでいろいろと行かせていただくときのレース以外での密やかな楽しみといえば「ご当地もの」。
ご当地キティももちろんですが(笑)
なんといっても、ご当地の「味」が楽しみです。

おでん一つとっても、本当に場所によって千差万別。
ゆずこしょうをつけて食べるおでんや、濃いみそでいただくものなどなど。

で、香川はといえば、前述の「さぬきうどん」ですね。

レース中も、参加者の方にサービスでうどんやさんがやってきてくださいます。

選手もとても楽しみ~にしているよう。

ツーリングでうまいものめぐり、ご当地の味を堪能する、っていうのももちろんものすごい楽しいですが、レースでも実は結構味わえるものです。

というのもレースでは本部周り、ステージ周りなどで、地元のブースが自転車関係メーカーのブースとともに出店されることが結構あるから。

以前行ったものの中には、そのレースの名前が入ったご当地のおせんべいの販売などもあったりしました。

そのほか、その場で魚や肉を焼いてくれたりするところや、和歌山の太地町でレースがあったときは、くじらの缶詰があったり(太地町はくじらの町として有名なのです)。
そして、地元の方がブースにいらっしゃるのでいろいろお話するととても楽しくて、「あとでここに行ったらいいよ~」なんて教えてくださったりするときも。

どこでも自転車に乗ることは変わりないけれど、そのときその土地そのタイミングによってさまざまな出会いがあるのは自転車ならでは、といえるかもしれません。

そして、その土地の風、空気って結構いろいろ特色があるもの。
地元の方と話す機会があったら、まわりの山や、伝説なんかにも話をはずませてみるととてもおもしろい話が聞けたりします。

善通寺、そして近くの琴平などは、お遍路さんでも有名なところ。
自転車で88カ所めぐりをされる方も多いそうです。
輪行ってやったことない~っていう方も、おいしいもの食べに!っていうモチベーションで挑戦してみると楽しいかもですよ(私だけ?)
駅弁も魅力。
そして、輪行ならそのあと町をゆっくり探訪できるし、寄り道し放題。
そろそろ冬休みの計画を、という方は是非、自転車でうまいものめぐり、候補の一つにいれてみてくださいね(^^)

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読