HOME / 

RACE DJ がらぱASHIDAの自転車雑学 / 

シクロクロスシーズンも始まりました♪

投稿者:DJ GALAPA

シクロクロスシーズンも始まりました♪

Pocket
LINEで送る

こんにちは♪
DJがらぱです。

 

なんだか秋になってから本当に思うのですが。
今年、結局、夏ってすごーく短かったですね。
というより、あんまり夏らしい感じではなくて。
そんなに暑くて暑くて・・・っていうことが少なかったなーと。
確かにインターハイの時の山梨は連日40度超え(これは暑かった)でしたが、美山で35度超えたのって1日あったかな?くらいなイメージで。
なので、9月になって涼しくなってからめっきり「夏、少なかったなー」と思うことが多いのです。

 

9月はまだまだロードシーズンまっさかり。
ツールド北海道もありましたし、長期の出張も続きます。

 

でもでも。
でもでも。

 

2014−2015シーズンの始まりを告げるプロローグが、あったわけです♪
はい。シクロクロスです♪
すっかり冬のお約束の感もある、シクロクロス。

 

ロードのスピード感と、MTBのオフロードの楽しさをミックスしたような種目で、コースは泥あり、砂あり、障害物あり、あれば雪もウェルカム!ななんでもありの大人のどろんこ遊び(笑)。
大人が思いっきり子供みたいに泥沙雪にまみれて大笑いできて、「血と泥の味がする〜」とか言って笑うおかしな競技(^^;)

 

それがもう、たまらなく楽しい。

 

関西の盛り上がりは昨シーズンもかなりの勢いで。
シリーズ10戦の延べ参加者数は6000人を超え、一戦最大で800名を超えるエントリーがありました。

 

全国各地でシリーズが展開されますが、関西はやっぱりその勢いの中心。

 

その関西シクロクロスの始まりを予告するプロローグがあった、というわけです。
本戦は、全国共通のカテゴリー、昇格降格の基準が適応されますが、プロローグはその対象外のカテゴライズで行われ、さらに耐久なんかもあって、みんなで始まりを楽しもうぜー的な感じ。
ワイワイと、新年会的なノリで楽しみました。

 

まだまだ秋の涼しさといってもシクロクロスには暑くて「罰ゲームみたいな暑さだーw」とかいいながら、でもみんなずっとにこにこの笑顔。

 

なんなでしょう。
シクロクロスは、みんな笑顔が多い。
ホント、楽しいんです。

 

そしてこのシクロクロスは、きゅうべえsportsのチームのみなさんも年々盛り上がり。
赤い水玉のユニフォームと、水色の水玉のユニフォームの面々が、このプロローグでもかなり盛り上がってましたよ〜。

 

マスターのF井選手は、今回はトップいくかーと思われたのがパンクで残念でしたが。
きっとシリーズ入ったらぶぃぶぃ言わせてくれることでしょう♪

 

本シリーズは10月の半ばから始まります。

 

ここでもまたシリーズ始まったらいろいろご紹介していきますので、まだシクロクロスを見たことも聞いたこともないわ〜という方は是非一度、近くで触れて見てみてください♪
シクロクロスは、比較的周回の短いコースを使用するため、長距離のロードレースのように選手が一瞬目の前を通ったら全然あとはわからない〜ってこともなく、いっぱい走っているみなさんを応援できます。
それがまた楽しいです。

 

今年は関西シクロクロスは20周年のアニバーサリー・イヤー。
今シーズンは、シクロクロスデビューにはまさにうってつけです♪

 

というわけで、シクロクロスシーズンインでウキウキのがらぱでした。
でも、まだまだロードシーズンも続きます。
国体も控えていますので、京都の選手の活躍も来月はお届け出来るのではないかな?
それもまた楽しみにしていてくださいね〜

Pocket
LINEで送る

投稿者情報:DJ GALAPA

はんなりと自転車 From 京都 を購読する

Twitterでフォローする

RSSで購読